インプラント

少数の歯を失った方へのインプラント治療


歯を失って悩んでいませんか?
歯科医療の長い歴史の中で、インプラントの占める位置は大きく変化してきました。予知性がない冒険的な治療とみられた時代もありましが、チタン製の人工歯根の出現により、骨との完全な骨結合が得られる事で予知性のある確実な治療法になりました。その上、インプラント植立に付随する骨造成法(GBR)や骨充填材が確立された事により、インプラント治療は積極的に取り入れられる様になりました。

現在、欠損した歯を補う治療法を大きく分類すると、「入れ歯による治療」「さし歯による治療」「インプラントによる治療」の3種類となりますが、インプラント治療には以下のような大きな特徴が挙げられます。

一本の歯が欠損した場合

失われた1本の歯・歯根のかわりに、インプラントを1本だけ使って修復する方法は最も洗練された治療方法です。ブリッジと言う治療方法ですと、両側の健康な歯を削らなければなりませんが、インプラントの場合、削る必要はありません。




上顎または下顎のどちらかの歯列の端の歯がなくなっている場合

数本の歯を失った場合や歯のない部分が広い場合、従来は取り外し式の部分入れ歯で機能を回復していました。取り外し式の部分入れ歯は、残存歯と軟組織で保持されるので様々な問題(歯肉が痛くて噛めない、金属のバネが見た目に悪い、堅い物繊維性の食物が噛み切れない、異物感があって入れ歯を入れていられない等)が生じていました。インプラント治療の場合、インプラントを支台とした固定式のブリッジが応用されます。





質問・ご相談
      メール
 MDCインプラントセンター原宿/パルテノン歯科
 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-55-11 ヴィラパルテノンアネックス101
 受け付け AM 10:00 〜 PM 7:00 (休診日 水曜日、日曜日、祝祭日)
 
      メール
 MDCインプラントセンター池袋/光本歯科医院
 東京都豊島区南池袋2-47-6 パレス南池袋1F
 受け付け AM 10:00 〜 PM 7:00 (休診日 日曜日、祝祭日)

 インプラントについて更に詳しくは、歯科インプラント治療について もご参照下さい。